有限会社ダストワーク

Share
 
名称  有限会社ダストワーク
カテゴリー   資源・エコ・環境
住所   〒410-0835 沼津市西島町19番15号
電話番号  055-935-5935 
営業時間 8:00~17:00 
定休日 日曜日 
ウェブサイト http://dust.beblog.jp 
お問合せ方法 営業時間内に電話でお問合せください。 
お問合せの際には 「かぬき図鑑を見た」と言ってください→運営者からのお願い
取材日  2012年8月3日

 

会社紹介

創業15年。西島町にある産業廃棄物処理会社です。社長の元杉智子さんは、沼津市出身。15年前に産業廃棄物処理の仕事を始め、10年ほど前に法人化して会社にしました。「こういう会社を起こしたからには、ちゃんと社屋を持ってきちんとやっていかなきゃいけない」と3年も4年も土地を探して、ようやく数年前に現在の地に社屋を持たれたそうです。

創業されたころはまだ「個人の資格」で産業廃棄物処理に携わっていらしたので小さな規模でしたが、今では従業員数13人となり、地元沼津や三島などで産業廃棄物処理や一般廃棄物処理の仕事をされています。

 

特徴・アピールポイント

元杉さんへの取材では最初のうち、「アピールなんて、そんな大層なこと・・・」と、とても謙遜されていました。そこで私の方からダストワークさんへ初めておじゃました印象や感想を少しだけ・・・^^

まずとにかく驚いたのと感心したのが、「会社のキレイさ」と「従業員の方の礼儀正しさ」!

社屋の入り口から奥の事務所、ミーティングルームにいたるまで、こう言っては失礼ですが「これが産業廃棄物を取り扱っている会社の社屋だ」とはとても思えないほど、素晴らしくキレイで、しかも書類やモノが整然と片付いています。ご紹介の写真(この記事の一番下)にも掲載していますが、なんかIT系のデザイン会社とかコンサルタント会社さんのような洗練された感じがします。

そして素晴らしいのは社屋のキレイさよりもなお素晴らしい、従業員の方の礼儀正しさ!

廃棄物の処理作業に当たっていた作業員の方から、事務所で事務仕事をされている方まで、皆さん本当に気持ちのよい挨拶をしてくださいました。

その事がとてもうれしくて感動した、と元杉社長にお話したところ、目を輝かせて話を始めてくれました。

「ウチの従業員は若い子も女性も、もちろんベテランの方も、一生懸命頑張って仕事しています。私の目から見てもホントに良く頑張るなぁ~と感心するくらい頑張るんです。手を抜くなんてことが一切ない。けれどもウチは元々香貫が地元じゃないし、他の産業廃棄物処理会社さんに比べれば比較的新しい会社なので、地元の方とのつながりも知名度もまだ低いんです。だから、まずはきちんと自分たちが頑張っている事を伝えたくて、まずは人としてちゃんと信頼していただけるように心がけよう、と常に言っているんです。人と人との信頼や地元の方や周囲の方たちとのちゃんとしたお付き合いやつながりこそが、これから私達の会社が伸びていくための大切な財産だと思うので、まずは何よりも礼儀、挨拶を大切にと考えているんです。」

こう語る元杉社長の熱さは、話を伺っていてグイグイと伝わって来ました。

ダストワークさんの携わっている「廃棄物処理」というお仕事は、会社や工場で出る廃棄物だけじゃなくて一般家庭から出される不要物などの処理も取り扱っているのだそうです。

お電話一本いただければ、お伺いしてお見積りさせて頂き、ご依頼いただければ廃棄処理や片付けなども承るとのこと。会社関係だけじゃなくて、お引越しやリフォームの際などにも心強いですね。

ちなみに「見積り無料」という事にも強いこだわりがあるそうです。

「見積をご依頼されたからといって、何が何でも廃棄物処理や片付けの依頼をしてもらわなきゃ困る」なんていう強引なことは絶対にしたくない、のだそうです。まずはきちんとお話を伺い、見積をしてご納得いただければ仕事としてお引き受けしますが、万一それで「やっぱり今回はイイです」ということになったとしても全く構いませんから、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談くださいね、とのことでした。

 

これからの夢・将来への希望

とにかく今の会社を少しずつ成長させていきたいとのこと。

ただ残念ながら一つだけ悩みというか大きな課題を抱えているそうです。それは、「産業廃棄物処理とかゴミ処理という仕事が、どうしても末端の仕事、キツい、きたないというような仕事として低く見られる傾向がある」ということ。

日々の暮らしや会社の業務から出てくる不要物やゴミをきちんと再資源化したり処理するという仕事は、世の中に欠かせない、とても重要な役割を担っているしごとなんだ、ということを少しでも多くの方に理解していただきたい、とお考えなのだそうです。

そのためにも、人としてきちんと生きてきちんと仕事をし、会社の中も外もキレイにしてシャンとしておきたいのだそうです。これには本当に感服しました。

 

かぬきの好きなところ・オススメ

もう随分前のことですが、牛臥病院の脇あたりから通りを抜けていって海岸へ出ると、そこがプライベートビーチのような佇まいの海岸だったそうで(←決してプライベートなビーチではないのですが^^)、その海岸へは良く気分転換をしに行ったそうです。

今は牛臥公園ができて整備され、その頃の印象とは少し変わってしまったそうですが・・・あの頃の香貫の牛臥海岸が大好き!とおっしゃっていました。

img01 dustwork img02 dustwork img03 dustwork

 
Share