株式会社ハンプ

Share
 
名称  株式会社ハンプ
カテゴリー   建築・インテリア・テント
住所   沼津市御幸町24番14号
電話番号   055-931-2552
営業時間  9:00~17:00
定休日 土日・祝祭日 
ウェブサイト  http://k-hanpu.jp/
お問合せ方法  営業時間中に電話でお問合せください
お問合せの際には 「かぬき図鑑を見た」と言ってください→運営者からのお願い
取材日  2012年7月18日

大きな地図で見る

 

会社紹介

沼津市御幸町で「テント屋」さんを営む会社です。テント以外にも店舗の内装なども手がけられているそうです。

創業は昭和10年。現在の社長(中田望さん)のおじいさんが、市場町で開業したのが始まりで、当時は舞台幕や緞帳(どんちょう)などの縫製や販売・施工を手がけられていたそうです。

もちろん中田社長も香貫生まれ、香貫育ちの方(一時サラリーマン時代に、東京で面白いお仕事をされていたそうです。そのあたりのことは、中田社長のブログやFacebookでご覧になるか、直接聞いてみてください^^)

テント屋さんというのは、業者さんの数としては年々少しずつ減っていっていて、必ずしも景気の良い業界・業種ではないとの事なのですが、それでも創業以来80年、テント一筋で来ているというのだから、筋金入りです。

 

特徴・アピールポイント

テント屋さんの多くが、数人の家族経営で運営されている中で、ハンプさんは従業員数18名。営業・縫製・施工を分担してやっているのが特徴。

自前の工場の自前の作業員さんがいるため、急な対応が全部自社で出来るというのが最大の強み。例えば富士市の製紙工場などの工場設備に設置してあるテントやシートが破れたりした時に、「休転(工場の稼働が止まっている休憩時間)」の間にハンプさんへ持ち込んで、その場で修理してすぐ工場へ持って帰ってまた稼働する、というようなことも可能なのだとか・・・スゴい^^!

テント屋さんというと、お店や建物の外観や内装のキレイな部分ばかりなのかと思ったらそうではないのですね。特にハンプさんは会社の方針として、こういった「ドロ臭いような現場仕事でも、きちんと引き受けて地元や取引先様のお役に立とう」と頑張っているのだそうです。(もちろん、お店とか建物とかの内装や外観もやるそうです。)

 

これからの夢・将来への展望

質問して真っ先に返ってきた答え。

「地道に現状維持。厳しい経済状況の中で、これまで80年続いてきた会社を潰さないように必死で努力すること・・・ナンか後ろ向きみたいな言い方で恥ずかしいですけど・・・」

いえいえ、僕も「コンサルタント」という仕事柄、それがどれほどハードルの高い目標か、よくわかります。

 

香貫の好きなところ・魅力

せせらぎ公園と、その界隈の住宅街。

ハンプさんの社員さんで、神奈川から就職しに来て以来、ずっと香貫に住んでいるという方がいらっしゃるそうです。「香貫というところは、外から来た方がとても住みやすいと言ってくれる街なんだということが、自分としてもとても誇りに思えるし、そういうところが好きです」

hanpu003-001 hanpu004-001 hanpu005-001

※2枚目の写真はハンプさん自慢の設備だそうです^^。床から下に足を入れる掘りごたつ式の縫製機械。床とフラットになっているので、大きなテントやシートもラクラク縫製できるんだそうです。

 

 
Share