海彩「華いち」

Share
 
名称 海彩「華いち」
カテゴリー  飲食・グルメ 
住所  〒410-0832
沼津市御幸町22-35
電話番号  055-934-0324
営業時間

昼の部(平日のみ)11:30~13:30

夜の部 17:30~21:30

定休日  日曜日
ウェブサイト  なし
お問合せ方法  営業時間内に電話でお問合せください。
お問合せの際には 「かぬき図鑑を見た」と言ってください→運営者からのお願い
取材日  2012年8月4日
img04 hanaichi
 

お店紹介

沼津検察庁のすぐ南側、八間道路から10メートルほど奥へ入ったところにある料理屋さん。

創業は平成17年。当時は現在のお店の隣(八間道路沿い)のビルの1階にテナントとして入っていました。その後、現在の場所へご自宅兼店舗を新築され、今年の2月から現在の場所でお店をやっています。

ご主人の遠藤さんは沼津市井出のご出身。料理人としての修行後、箱根や熱海の旅館や料亭などで腕を振るっていたそうです。

お店は靴を脱いで上がるお店。カウンター5席、テーブル(4人掛け)が2席と、奥に10人分くらいのお部屋というこぢんまりしたお店。とても落ち着いていて隠れ家的な、雰囲気のあるお店です。

地元のご近所の方から、遠くは神奈川や東京からもわざわざお客様がいらっしゃることがあるそうです。

お店のたたずまいや店内の雰囲気の高級な感じ、落ち着いた感じの割りには、料理のお値段はとってもリーズナブル。味や質とのバランスで考えたら、とても良心的でオトクな感じのお店です^^。

 

特徴・アピールポイント

お酒を飲みながら、じっくり料理を味わっていただくのにピッタリ!なお店。

ご主人の料理や食材に対する情熱はとても熱く、毎日、沼津港の魚市場からその日の分の食材だけを仕入れてくるのだそうです。どんなに良い食材でも新鮮でなければ意味がない。だから、本当にその日に仕入れてきたモノだけを提供したい。高いだけが自慢で何日も経ったような魚介類を出すようなマネは絶対にしたくない、と熱く語ってくださいました。

(実は私、移転前のビルのテナントに入られていた頃に何度か食べに来たことがあるのですが、本当に一品一品が美味しくて感激した覚えがあります)

 

これからの夢・将来への希望

小学校5年生と2年生のお子さんのお父さんでもあるご主人の遠藤さん。「子供たちに、何か形で目に見えるものを残してやりたい」という一心で、テナントの店舗から一戸建てのご自宅兼店舗を構えるために、独立して以来必死に頑張って来たとのこと。今後の夢や将来の事をたずねると、いの一番に「とにかく何よりも、子供たちを立派な大人に育てること」とおっしゃいました。

そのためにも、これからも一つ一つ丁寧な仕事をキッチリとやって行きたいとおっしゃっていました。

 

香貫の好きなところ

それなりに便利で、住みやすい環境というところが、とても気に入っているとのこと。周囲にそれなりに色んなお店があるし、沼津駅には近いし(→飲んでタクシーで返ってきてもワンメーターかそこらで来れる)、公園や自然も結構あるし・・・元々はよそから来ている身だけれど、お子さんもこの地で育っていて、家も建てて、これからずっと住んでいこうという香貫の住みやすさが、とても好きだそうです。

地元の人たちが集うお祭りや公園のにぎわいが、今よりもう少しワイワイ活発になってくれたら、もっとイイんだけどなぁ~、とおっしゃっていました。

 

img03 hanaichi img01 hanaichi img02 hanaichi img05 hanaichi

 

 

Share