香貫の一直線道路

Share

八間道路

沼津の香貫(かぬき)で一番大きな道路といえば、やはり「八間道路」でしょう^^。沼津市内から海岸線を南下して伊豆半島中部へ続く「国道414号線」の一部ですが、地元の方はほとんどの場合通称の「八間道路」という名前で呼んでいます。

三枚橋のたもとから下香貫の御用邸入り口辺りまで、ひたすら真っすぐ・・・多分2kmくらいあるんじゃないかな?続く道路です。写真は市役所前の歩道橋から撮影したもの。目の前の道路情報の表示板が微妙にジャマで、まっすぐ伸びる道路の美しさがちゃんと写せなくてちょっと残念ですが(苦笑)。

市役所前の歩道橋から望む八間道路

県道139号線

市役所前で八間道路と垂直に交差する県道139号線。これもまた、ず~~っとまっすぐな道路です。写真は上の八間道路と同じ、市役所前の歩道橋から撮影したもの。写真の奥のほうに香貫山が見えます。

県道139号線

実はもうひとつ、港大橋から下香貫の八重へ向かう真っ直ぐな道路があるんですが・・・取材時間の都合でまだ撮影できていませんm(_ _)m。近いうちに写真に収めたらアップしようと思います。

Share