霊山寺前の歩道

Share

sanpo120711-01写真に写っている歩道が、かつて・・・もう30年くらいまえでしょうか?・・・は、「内膳堀」というお堀だったのを知っている方は、きっと生まれも育ちも香貫の「かぬき通」でしょう^^。

かつてあったその「お堀」は、脇に手すりや路側帯のようなものが何もなくて、しかも深さが2メートル以上あった(と思います^^;)ので、子供心に結構コワいなあ~と思ってましたけど・・・今にして思えば、よくあんな落ちたらいっかんの終わり、のような場所のすぐ脇を平気で歩いていたなぁ~、と思います。

ちなみにこの通りを300メートル位南に歩いて行くと、(つまり写真の写っている方向へまっすぐ歩くと)、そのお堀がまた顔を出します。・・・ということは、今もこの歩道の下は、かつてのお堀があって水が流れている、ということですね^^。

 

そしてもうひとつ。

sanpo120711-02霊山寺の前には、今はもう珍しくなった「電話ボックス」があります!

沼津市内でも、珍しいのではないでしょうか?・・・あ、「香貫」地域には電話ボックス、どのくらいあるんだろう?

これから香貫散歩しながら、数えてみることにします。結果はまたいずれ、この散歩記事で^^。

Share